queenforex.info

医療費控除で節税する。

医療費控除で節税する。

医療費控除で節税する。 一年間の間に、病院などに支払った医療費の合計が10万円、または所得の5パーセントを超えた場合は、確定申告で医療費控除を受け、税金を取り戻すことができます。医療費控除は医療費が10万円を超えないとできないと勘違いをしている人が非常に多いですが、所得金額が200万円に満たない場合は、10万円を超えなくても所得金額の5パーセントを超えていれば申告することができるのです。医療費が10万円かかっていなくて、夫の所得では対象にならなくても、妻の所得で申告すると対象になる家庭も多いはずです。

生計を一にする親族の分の医療費が控除の対象になるので、家族全員分を足すことができます。また、病院でかかった治療代だけではなく、通院で使った交通費や、ドラッグストアで購入した風邪薬や胃腸薬などの薬代も対象になります。領収書やレシートを必ず保管しておきましょう。申告しやすいように、家族の個人ごと、医療機関ごとに仕分けておきます。健康診断や予防接種は対象になりません。また、入院して高額な医療費がかかったとしても、医療保険などで補てんされた金額は差し引かれます。消費税も上がり、できる節税はなるべくしたいものです。医療費も毎年総額を確認しましょう。

おすすめ

Copyright (C)2016医療費控除で節税する。.All rights reserved.